診療案内

一般歯科

虫歯の原因

歯垢(プラーク)内のミュータンス菌などの虫歯菌が、食べ物などの糖分を分解する際に産生する酸により、歯の表面(エナメル質)を溶かすことで虫歯ができます。虫歯には「細菌」「糖分」などの要素以外に、「歯質」も大きく関与しており、お一人おひとりで虫歯になりやすいかどうかは異なります。そのため虫歯から歯を守るためには、ご自分の歯が虫歯になりやすいかどうかを知っておくことが大切です。

当院の虫歯治療の特徴

麻酔をしっかり効かせて痛みを軽減

患者様の負担を出来る限り軽減するために、痛みが発生する可能性のある治療を行う時には必ず麻酔を使用し、しっかりと麻酔を効かせてから実施するようにしています。「虫歯治療=痛い」と不安に思われている方も多いかと思いますが、そうした方にも安心して受けて頂ける治療を目指します。

やり直しの少ない丁寧な処置

どんなに忙しい時でも当院では、絶対に1つ1つの処置を雑に行ったり、診療ステップを飛ばしたりはしません。そんなことをすれば虫歯の取り残しや再発などの原因に繋がり、治療をやり直さなくてはいけなくなることがあるからです。1回1回の処置に少しお時間を頂くことになるかもしれませんが、長いスパンで見ればその方が結果的に短時間・少ない手間で治療を終えられるものと考えています。

必要な治療をきちんと提供

小さな虫歯なら削らずに経過を見ることも

虫歯には様々な種類があり、小さな虫歯であれば患者様によくご説明したうえで、ご自宅でブラッシングなどのケアをしっかり行って頂いて経過を見ることもあります。虫歯だからといって、何でもすぐに削るような画一的な治療は行いません。

患者様にとって「本当に必要な治療」を行います

奥歯の溝はすぐに黒くなりやすいのですが、ステイン(茶渋などによる着色汚れ)が原因で黒く見えている場合もあります。これを「虫歯です」と説明して削っている歯科医院もあるようですが、はたしてそれは患者様にとって「本当に必要な治療」と言えるでしょうか?
当院ではこうした場合、「これはステインですが、初期虫歯の兆候も見られますので、しっかりとブラッシングなどのケアを行って半年程度経過を見ましょう。半年後、大きくなっていなければそのままでも大丈夫ですが、大きくなっているようであれば治療が必要となります」という風にお伝えするようにしています。

予防歯科

「何度も虫歯が再発する」という方へ

ご自宅でのブラッシングは最もコスパの高い予防方法です

毎食後きちんと歯を磨くのは確かに面倒なことで、時間もかかります。ですが、その時間を惜しむことで虫歯ができ、痛みなどの症状が現れると、何度も歯科医院に通わなければいけなくなったり、歯を削るなどの治療を受けたりしなければいけなくなる場合があります。そうした手間や時間、痛みを考えた時、ご自宅できちんと歯を磨く方が圧倒的に楽ではないでしょうか?
ご自宅でのブラッシングは最もコストパフォーマンスの高い予防方法であると言えます。ただし、歯石やバイオフィルム(細菌の塊)など、ご自宅でのケアだけでは落としきれない汚れもありますので、それらは歯科医院で定期検診を受けてきれいに掃除してもらうようにしましょう。

「虫歯になりやすい体質かどうか?」を知ることが大切です

「何度も虫歯が再発する」という場合には、ブラッシングの問題のほかに、「体質の問題」が関わっている可能性があります。体質の問題とは、「虫歯になりやすい体質かどうか?」ということで、お口の中のpHが酸性に傾きやすい、唾液の分泌量が少ないなどの要因により虫歯が発生しやすい状態となります。
体質の問題の場合、根本的な解決策はないので、患者様に「虫歯になりやすい体質」であることをきちんとお伝えしたうえで、歯ブラシ以外にもフロスや歯間ブラシなどの清掃補助用具を使ったケアや、フッ素洗口液、そして歯科医院での定期検診などにより歯を虫歯から守って頂くようにアドバイスしています

当院の予防メニュー

PMTC

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、ご自宅でのケアだけでは落としきれないバイオフィルム(細菌の塊)や、歯と歯の隙間、歯茎の間の磨き残しや歯石などの汚れをきれいに掃除する専門的なクリーニングです。専用器具を使ってしっかりと汚れを除去することで、虫歯や歯周病、口臭などを予防します。

フッ素塗布

フッ素には「脱灰の抑制」「再石灰化の促進」「歯質の強化」「細菌の抑制」などの効果があり、定期的に塗布することで歯を虫歯から効果的に守ることが出来るようになります。

ブラッシング指導

歯を病気から守るためには、歯科医院での定期検診と共に、ご自宅でのケアが欠かせません。患者様お一人おひとりのお口の中を確認して、磨き残しが多い部分を指摘し、適切なブラッシング方法を指導させて頂きます。

シーラント

シーラントは奥歯の咬み合う面(咬合面)にできる虫歯の予防方法です。虫歯の好発部位である奥歯の溝をあらかじめシーラント材(固定性のフッ素)で塞いでおくことで、歯を虫歯から守ります。ただし、シーラントを行ったからといって絶対に虫歯にならないわけではありませんので、ブラッシングなどのケアは必ず行うようにして下さい。

フロスと歯間ブラシの違い

コンタクトカリエスにはフロスが効果的

「コンタクトカリエス」とは歯と歯の接触点に出来る虫歯のことです。歯と歯の接触点の汚れは歯ブラシだけでは落とすことが難しいので、「フロス」という糸状の清掃補助用具を使ってきれいに落とすようにしましょう。

歯と歯の隙間は歯間ブラシでケアしましょう

歯と歯の間にできる隙間のことを「鼓形空隙」と言います。この部分はフロスではケア出来ないので、歯間ブラシを使うのが効果的です。ただし、加齢や歯周病などにより歯茎が下がって鼓形空隙が広がってしまうと、歯間ブラシのブラッシング効果も低下してしまいますので、鼓形空隙の広さに合わせて大小異なる歯間ブラシを使うのが理想的です。

1本でくまなくケアできる「ハイブリッドフロス」を開発中

このように、お口の中をくまなくケアするためには歯ブラシのほか、フロス、大小異なる歯間ブラシと複数の清掃補助用具を使い分けるのが理想的ですが、こうした使い分けは非常に手間がかかるので断念される方も少なくないと思います。
当院では、フロスと歯間ブラシを手軽に使い分けて効果的にケアして頂くために、「ハイブリッドフロス」という製品を開発中です。これは1本のフロスに「フィラメント」と呼ばれるスポンジが複数個付いたもので、糸部分で歯と歯の接触点をケアして頂き、フィラメント部分で鼓形空隙をケアして頂くといったように、1本のフロスでお口の中がくまなくケアできる便利なアイテムです。さらにフィラメント部分にフッ素を染み込ませてケアすれば、より予防効果を高めることも可能です。

小児歯科

乳歯であっても虫歯治療は必要です

「乳歯は生え変わるから虫歯になっても大丈夫」ではありません。乳歯の虫歯を放置すると、後から生えてくる永久歯や、顎の骨の成長発育、咬み合わせなどに悪影響を及ぼす可能性があります。また、お口の中に虫歯がある状態で永久歯が生えて来ると、その歯も虫歯になるリスクが高くなってしまいます。
乳歯の虫歯はその後のお口の健康に様々な悪影響を及ぼす場合がありますので、放置せずにきちんと治療を受けさせてあげましょう。

根気よく続ければ必ず治療が受けられるようになります

お子様に治療を行う場合、激しい痛みなどの緊急性がない限りは、急いで治療を進めたりすることはありません。その子の成長に合わせて焦らずゆっくりと治療を進めていきます。押さえつけるなどの強引な方法で治療すると、トラウマを与えてしまって、ますます歯科医院が嫌いになってしまいます。
治療を嫌がって泣くようなお子様であっても、3歳以上であれば、根気よく続ければ必ず治療が受けられるようになるものです。なので、保護者の方もお子様が泣きじゃくるからといってすぐに諦めずに、私たちと一緒に根気よくお子様と向き合うようにして下さい。

親知らずの抜歯

親知らずでお困りの方はお気軽にご相談下さい

親知らずが原因で痛みが発生していたり、まわりの歯が虫歯・歯周病などの病気にかかってしまっていたりする場合になどには、親知らずの抜歯を検討する必要があります。当院では埋伏歯などの難しい症例にも対応可能ですので、親知らずでお困りの方はお気軽にご相談下さい。当院で対応が難しいと判断した場合には、患者様の安全のために適切な専門機関を紹介させて頂きます。

痛みの少ない丁寧な治療をご提供します

お口のことでお悩みでしたら、たてや歯科クリニックまで。

まずはお気軽にお問い合わせください。

  • tel_078-920-8852.png      24h ネット予約
staff staff blog